« 三線 | トップページ | 月曜日~。 »

8.15

数週間前、こんなDVDがデジタルリマスタリングで

リリースされていました。

Photo タイトルは『風が吹くとき』

作者はスノーマンなども手掛けており、

とても静かで‘核爆弾’という大きなテーマを

ゆっくりと伝えています。

この作品が公開された当時、おいらは沖縄で

番組のアシスタントをしていたの。

映画のコーナーがあり、毎週メインのアナウンサーの方と

観に行っていたんだけど、この作品は今でも

すごく心に残っています。

興味のある方は是非一度チェックしてみてください。

80年代の作品なので、やはり当時の空気感などもありますが

あの頃から核についての恐ろしさを

取り上げていたり、多くメッセージを

各メディアが取り上げているにもかかわらず、

今になっても一体何が変わったんだろう?とさえ思います。

今日は64回目の終戦記念日…。

PEACE IN ALL OVER THE WORLD!

|

« 三線 | トップページ | 月曜日~。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>でかだんすさん、
 ホント、同じ作品でも年齢を重ねて観ると違った
 印象になったりするもんね。
 機会があれば是非チェックを~☆

>ちゃみさん、
 おっ!なんだか久しぶりじゃな~い?
 そう!これって絵本も出ているんだよねん。
 映画は絵本とまた違った感じを受けるかも。
 懐かしくもあり、いまだ色あせないって感じ。

投稿: JK | 2009年8月17日 (月) 13時28分

私も小学生の頃、読みました。
アニメ風に可愛い主人公で書かれているので、何度も読み直した記憶があります。

今の小学生にもこんな本を読んでほしいです。

懐かしいな~また読みたいです。

投稿: ちゃみ | 2009年8月16日 (日) 19時31分

これ、子供の頃見た記憶があります。
絵や、話し方はほのぼのしてるけど、よくよく見ていると、ものすごい恐ろしい‥けど深いお話なんですよね。
当時はただコワイだけだったけど‥

大人になった今、また見てみたいです。

投稿: でかだんす | 2009年8月16日 (日) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三線 | トップページ | 月曜日~。 »