« 姪っ子ちゃん | トップページ | 8月9日 »

8月6日

8月6日。

この時期は学生さんだと平和学習というものを

経験するでしょう。

人間は忘れる生き物です。

でも、しっかり忘れずに憶え、学びそして

次へ繋げていく事を大事にしてほしいです。

第二次世界大戦末期の昭和20年8月6日

午前8時15分17秒広島に世界最初の核兵器が落とされた。

一瞬にして何もかもが変わった夏。

やがて、時代は流れ今日、世界はあれから更に変わった。

変わっていないのは平和を願う気持ちであってほしい。

変わってしまったのは、語り部の数、、、

そして8月6日(広島)、9日(長崎)、15日の終戦記念日への

世の中の無関心かな。。。

こんな便利な時代。

ネットだってあるんだし自分なりのやり方でいいと思うんだな、、、

平和という言葉の重み、すごさ、ありがたさを

感じてほしいと願う一日です。

|

« 姪っ子ちゃん | トップページ | 8月9日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今後は戦争を知らない(体験していない)大人が、平和の大切さを子供達に伝えていく・・・「伝え聞いた内容」だからこそ曖昧な表現になりがちですが、しっかりと言葉を選び、今の子供達に伝えていくべきだと思います。

便利な世の中、便利なアイテムに囲まれ、人と人の繋がりが希薄に・・・と言っていたはずが、今や人との関わりが「苦手に」とも聞きます。
いつの時代も 相手を思いやる心 は大切にしなきゃ。
ですよね(*^-^)v

投稿: pu- | 2010年8月 9日 (月) 09時54分

またまたお久しぶりですsweat02

今日は皿倉山へ登ってきたのですが…
今日、8月8日は八幡大空襲があった日だそうで。
今夜は皿倉山に慰霊の八の字がライトアップされています。

たまたま、今日皿倉に登って、一緒に登ったみんなで八幡大空襲にほんの少しですが触れるコトができたのですが…

私たちが学生の頃は、毎年必ず8月6日か9日には出校日があって、
戦争、平和についての学習があったのですが、
北九州だけなのか、今は出校日というものはなく、
子供たちが戦争や平和を考える時間がなくなってきてるそうです。


語り手というか、実体験された方々が減って来ている現状もあると思いますが、
学ぶ機会を減らされている現状も実際あると思います。


ゆとり教育とか何とか言うより、
国語や算数などの基本的な勉強も大切だけど、
もっと戦争や平和について子供たちが考えて行かないといけないんじゃないかなぁ…。

投稿: renomaのメガネ | 2010年8月 8日 (日) 22時33分

小学校の夏休みの出校日、担任の先生に指され、わら半紙に刷った、被爆した子どもさんたちが書いた手記を起立して音読したことを今でも覚えています。
夏の暑さと、その体験のむごさに、貧血を起こして、座り込んでしまいました。
想像力。
なくしていないか、再点検。

十年くらいまえ、旧ユーゴの小学校に、お手紙を書こう、という活動に参加しました。
つたない英語で、戦いは憎しみしか生まない、話し合いから平和が生まれるのではないか、と書きました。
しばらくして、お返事がとどきました。
私たちには、兵器を使って、戦うしかないのです、と英語で書いてありました。
平和のおかげで、私たちは、ラジオで音楽を聞いたり、イベントに参加したり、できます。
次の世代に、引き継がねば、と思います。

投稿: じゅごん | 2010年8月 6日 (金) 21時39分

人間とは全く勝手な生き物で、嫌なことは消し去ろうとするずるい生き物です。。

今朝何気なくテレビをつけると、広島の平和式典がまさに行われようとしている模様が映し出されていました。。

私は、それを見て、『ハッsign01』と始めて気づきました。。
今日が8月6日であることを。。

この日があったから、今の私たちがある。ということを決して忘れてはいけません。。
(原爆が投下されたことを肯定しているわけではありません。あってはならないことが起きてしまったことを、しっかりと受け止めなければならない。。ということです。。)

まして、戦争を知る方々は高齢になり、語り継ぐ方も減りつつあります。。
だからこそ、私たちが受け継がねばならないこと。。

義父も戦争を経験したうちの一人です。
何の前触れも無く、米軍の飛行機が、川遊びをしていた子供の義父に向かってミサイルを撃ってきたことは、今でも忘れられないそうです。

義父は満州で育ち、10歳前後で日本に引きあげてきたそうです。
終戦後まもなく、相次いで両親を流行り病で亡くし、親戚を転々としながら育ちました。
そのせいか、義父は私を含め、家族を本当に大切にしてくれます。
『戦争』というつらい過去が、義父をそうさせるのかもしれません。。

息子くんにも、戦争という壮絶な過去の上に生かされ、平和な世の中をこれからもつないでいけるよう、しっかりと伝えていきたいと思います。。

投稿: Blue Moon | 2010年8月 6日 (金) 16時14分

JKさん、こんにちわ(^^ゞ

日々、楽しく生きていられることに感謝です。

今年の夏、同僚が『アウシュビッツ収容所』と関係がある『テレジンのちいさな画家たち詩人たち』と言うパネル展示会に関わっていました。


強制労働や死を目の前にした子供達は、戦争が始まる前の楽しかった両親との思い出などを、絵にしていました…。


生きていること…
平和であること…

同僚の活動を応援しながら、今の日本に生まれて来てよかったと思いました。

『忘れてはいけない』でも、『繰り返してはいけない』

そんな風に感じた、まぁ~猿でした(>_<)。


投稿: 酒雷まぁ~猿 | 2010年8月 6日 (金) 12時02分

広島、長崎の原爆。
自分の子供にしっかりと伝え、平和がどんなに良い事か
教えてあげたいですね。
そして、核の悲惨さも・・・。
まだ2歳なので、わからないだろうけど、もう少し大きくなったらお話ししてあげようと思います!

投稿: ちゃぷママ | 2010年8月 6日 (金) 09時30分

平和も、地球環境を守る事も
本当に大切だと思います。

投稿: こまわり | 2010年8月 6日 (金) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姪っ子ちゃん | トップページ | 8月9日 »